債務整理の種類※弁護士選びと債務整理のポイント

債務整理をする際に比較するべき事柄

債務整理するときは任意整理、自己破産、個人再生など手続き方法をよく比較して、
ご本人の債務の状況にあったものを選ぶ必要があります。
任意整理は利息制限法に基づいて引き直し計算を行い、消費者金融などに払いすぎた利息があれば戻ってきます。
そのうえで借金の減額と将来利息のカット、3年~5年間の分割払いに応じてくれるよう債権者と交渉をします。
裁判所を通さないので近隣にもご家族にも知られずに債務整理を行うことも可能です。
債権者によっては応じてくれないことがあります。
ブラックリストに載ってしまい新規の借り入れやクレジットカード作成が当分できなくなります。
自己破産は借金がすべて免責されますが、裁判所に支払い能力がないと判断されないと許可が下りないことがあります。
現金99万円まで、預貯金20万円までは残せますが、住宅や車などの財産は失ってしまいます。
浪費やギャンブルのための借金など免責不許可事由に該当している場合は裁判官の判断に委ねられます。
悪質な場合は許可が下りないことがあります。
個人再生は裁判所を通じて借金を原則5分の1までに減額してもらい、
3~5年間の分割払いの再生計画案をもとに完済を目指します。
自己破産のように住宅や車などの財産を失うことはありません。
弁護士や司法書士に債務整理のことを相談できますので事務所へご連絡してみてください。

債務整理の種類

借金の支払いがもう限界だと感じている場合、頭をよぎるのが「自己破産」という言葉ではないでしょうか。
自己破産は借金の問題を一挙に解決できる方法ですから、苦しんでいる人なら一度は選択を考えるでしょう。

 

ただ、自己破産は借金の支払いが限界だからと、すぐに手続きを始めていくべきではありません。
なぜなら、自己破産の手続きを行うことで借金は解決できても、これからの人生に影響する部分もあるからです。
少し前までは、借金を解決するためには自己破産しかないと思われていました。
しかし現在では、自己破産以外の方法で借金の問題を解消できるようになっています。
焦って自己破産だと決め付けてしまわないよう、専門家の先生に相談してみましょう。

 

借金問題に詳しい弁護士なら、自己破産以外の解決方法を見出してくれます。
借金問題を解決する方法として、自己破産以外に任意整理、民事再生、特定調停という方法があります。
これらはまとめて「債務整理」と呼び、借金問題を解決するための方法として法律でも認められていますが、
借金の金額や、返済期間、財産などさまざまな条件により選択すべき債務整理の方法は違います。

 

自己破産をすると、借金と一緒に財産すべてを失ってしまいますが、任意整理なら話し合いで返済額を調整することが可能です。
このように手続きによって大きく違うからこそ弁護士に相談して、どの債務整理が最適か、判断してもらうようにしましょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理の種類※弁護士選びと債務整理のポイント関連ページ