自己破産のメリット・デメリット※失敗しない弁護士選び

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産のメリット・デメリット※失敗しない弁護士選び記事一覧

自己破産出来る人、出来ない人について自己破産は職業によってできる出来ないということはありません。基本的に借金を抱えていて、返済できない状況であれば自己破産は可能となりますこれはアルバイトやパートのような非正規労働者でも、無職で仕事に就いていない方でも利用できます。職業によって差別化されていることはありませんしかしお金を借りている場所や、お金を借りた理由によっては自己破産が認められない可能性もありま...

借金をしてしまって支払えなくなった場合、債務整理という手段を取る事で支払いやすくすることができます。債務整理には大きく分けると任意整理、個人再生、自己破産に分ける事ができます。任意整理、個人再生は借金を減額してもらい、毎月の支払を無理のない金額にしてもらうことができます。任意整理と個人再生の大きな違いは、任意整理が整理対象となる借金を選ぶ事ができるということです。保証人などがついている借金ははずし...

自己破産は誰でも出来るわけではない!自己破産は、申請すれば必ず認められるものではありません。支払い能力があるのに自己破産しようとしている場合はもちろん、自己破産については「免責不許可事由」が定められており、これに該当してしまうと、原則自己破産はできないということになります。免責不許可事由って?では、免責不許可事由に該当している場合は自己破産はあきらめたほうがいいのでしょうか。この問題でよくとりあげ...

自己破産後の生活におけるメリット自己破産の最大のメリットとしては、今まで背負い続けてきた借金をリセットすることです。借金で苦しむようであれば、これだけ見ると今すぐに手続きに移りたいと思う所でしょうが、実際に自己破産をしてしまえば、デメリットもあります。自己破産のデメリットまず、自己破産をしていると自分が持っている一定の財産はすべて失います。マイホームがあればそれも手放さなければなりませんし、土地や...

2回目の自己破産について2回目に自己破産を行う場合、同時廃止でも管財事件でも前回と同じような手続きを行なえば良いだけです。前回の手続き時と大きく変わる事と言えば、難易度です。2回目の自己破産ができる時期自己破産は、最後の免責から7年経過する事により再度、免責許可を得る為の手続きを行なう事が出来るようになります。免責不許可事由に該当していたとしても、裁量免責を受ける事が出来た方も非常に多いのです。2...

内緒で出来る自己破産家族や友人に迷惑が掛かるような事がなければ、自己破産を行っても知られる事はまずないと言えます。しかし家族と一緒に住んでいる場合は、知られずに手続きを行なう事が難しくなってしまいます。自己破産を内緒で出来ないケースって?配偶者に収入がある場合、そういった収入も申告しなくてはなりませんし配偶者の収入と債務者の収入を足す事により、借金を返済する事が出来ると判断された場合は破産手続き開...

最近は不況のために大学を卒業しても正社員になれなかったり、就職して働いていてもリストラにあったり会社が倒産するなどの事例が増えてきました。そのため奨学金を受けて大学に行ったものの、仕事がないために返済できず滞納している人も増加しています。奨学金の返済どころか生活するのが大変で、借金を重ねてしまうといった事例も見られます。借金をどうしても返すことが出来ない場合には自己破産するしか方法がなくなります。...

自己破産後はクレジットカードを持てない?多重債務に陥り、どうしても自分で返済できない額を借金を負ってしまった場合、自己破産を行い借金を整理するのが一般的です。借金を返済する為に他の金融機関からまた借り入れたりなど、自転車操業をしていても必ず行き詰ってしまいますし、闇金などから借りてしまうと弁護士でも対応できないケースがあるようです。ですので、自分で返せない借金の問題は自己破産をして、早く解消する事...

主婦の自己破産について家計を預かる主婦が、足りなくなった生活費を金融機関で借りる事はよくある事です。ただし一回ずつは少額でも、積もり積もってどうやりくりしても返済できなくなってしまった借金に悩む人も中にはいらっしゃるでしょう。返済できない借金は、債務整理する事で解決できますが、そこには主婦ならではの悩みや不安が付きまとうものですね。例えば、主婦が自己破産した場合、どんな不安やリスクが考えられるでし...

自己破産の手続きに掛かる期間は、居住地の裁判所によって差異がありますが、免責手続きを済ませるまでに約6ヶ月程度は要します。ここでは、自己破産の同時廃止事件における大まかな手続きの流れについて解説します。1.弁護士への自己破産手続き委任依頼後、各債権者への受任通知の送付自己破産手続きを弁護士か司法書士に相談依頼した時点で、各貸金業者などの債権者へ、債務者への返済請求・取立てを止める様に受任通知を送付...

自己破産の申し立てを行い、免責が認められると晴れて借金を整理する事ができます。自己破産といえば、それまでの借金がチャラになるというイメージがありますよね。確かに申し立てを行った本人には、支払の義務が無くなり実質的に借金はゼロになります。しかし、借金自体は無くなっていないので保証人の方がいた場合、その方に借金の請求が行われてしまいます。自分が自己破産したせいで保証人の方が、その借金を肩代わりしなくて...

借金の問題を解決するといったら、まず自己破産を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?自己破産はそれまでの借金の支払い義務が無くなり、実質借金をゼロにする事ができる債務整理です。自己破産についてですので借金問題は大きく解決できますし、督促も止まるので取り立てに合っていた方は、精神的な負担も軽くなるでしょう。借金が無くなるという点では、自己破産は大きなメリットのある債務整理と言えます。自己破産にお...

自己破産に条件はある?自己破産には条件があります。条件を満たしていない場合、失敗となってしまう場合があります。まずは自己破産が本当に最適な方法なのか、簡単に診断できるツールがありますので、1度ご確認ください。※匿名・無料で診断できます。自己破産には◯◯許可が必要?!自己破産を成功させるには、裁判所から「免責」が認められる必要があります。免責が認められることで、借金が全て帳消しになるというのが自己破...

自己破産をされるとどんなに多額の借金でも、すべて免責が認められます。自己破産は裁判所への申立て手続と免責手続が必要です。 どんな人でも自己破産がご利用できるのではなく、支払い能力が無い方でかつ免責不許可事由に該当しない方です。支払い能力は裁判所でご本人の年収や借金総額などの状況から判断しています。自己破産は同時廃止事件と管財事件の2つに分かれます。マイホームや土地などの不動産、99万円以上の現金、...

自己破産を行う時はまず、裁判所に申し立てを行います。しかし裁判所に申し立てを行ったからといって、必ずしも自己破産するとは限りません。自己破産が認められるには返済する財産が無い、また将来的にも返済の見込みが無いと裁判所が、判断しなければいけないのです。でも、これらが認められても自己破産できないケースもあるんです。自己破産には免責不許可事由というものがあり、これに当てはまっていると自己破産する事はでき...

自己破産は免責を受け、それまでの借金の支払い義務が無くなる為、借金問題を解決できる債務整理の中でも1番、効果を発揮する制度となっています。借金がゼロになる、また申請すると督促も止まるなど、メリットもある自己破産ですが、何のリスクや犠牲もなく借金が無くなるという美味しい話はありません。自己破産にはそれなりにデメリットもあるので、その点は注意しましょう!自己破産のデメリットとしてまず挙げられるのが、財...

自己破産を行う場合、まず気になるのが費用ではないでしょうか?自己破産は同時廃止事件と管財事件とでは、費用に大きな差が出てしまうので、その点を注意する必要があります。自分で自己破産を申し立てする場合、収入印紙代などが必要です。一般的に同時事件の場合は平均して約3万円から5万円の費用で済むと言われています。一方、財産があった場合は管財事件となり、同時廃止事件よりも費用は高額になってしまいます。管財事件...