自己破産の費用※債務整理はプロへ相談

自己破産をする場合にかかる費用について

自己破産を行う場合、まず気になるのが費用ではないでしょうか?
自己破産は同時廃止事件と管財事件とでは、費用に大きな差が出てしまうので、その点を注意する必要があります。

自分で自己破産を申し立てする場合、収入印紙代などが必要です。
一般的に同時事件の場合は平均して約3万円から5万円の費用で済むと言われています。

一方、財産があった場合は管財事件となり、同時廃止事件よりも費用は高額になってしまいます。
管財事件になると財産を調査しなければいけません。
財産がある場合、予納金を支払わなければいけないのですが、20万円から80万円程の費用が必要になるようです。
なぜ、このように費用に差があるのかというと、管財事件の場合財産の金額により支払う予納金が変わってしまう為です。
このように財産があるかないかで、自己破産にかかる費用は大きく変わってしまいます。

また自己破産を弁護士や司法書士に依頼した時の費用も、気になるものですよね。
弁護士に依頼した場合には、約30万円~60万円程の費用、司法書士の場合には約20万円~40万円程の費用が平均と言われています。
弁護士より司法書士の方が費用を抑えられますが、司法書士は140万円以上の借金を取り扱えない為、多くの方は自己破産する場合は弁護士に
依頼する事になるでしょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産の費用※債務整理はプロへ相談関連ページ

自己破産※対象となる人や状況とは?選ぶ弁護士事務所は?
自己破産※対象となる人や状況とは?選ぶ弁護士事務所は?
自己破産とは?※債務整理のためのノウハウ
自己破産とは?※債務整理のためのノウハウ
自己破産ができない場合とその対処法は?※法律事務所で安心解決
自己破産ができない場合とその対処法は?※法律事務所で安心解決
自己破産後の生活について※新しい人生のために
自己破産後の生活について※新しい人生のために
自己破産、2回目をする前に必読※もう二度と失敗しないために
自己破産、2回目をする前に必読※もう二度と失敗しないために
内緒で自己破産って出来るの?※今直ぐ無料相談
内緒で自己破産って出来るの?※今直ぐ無料相談
自己破産※奨学金の返済義務はどうなる?支払い義務のあるものについて
自己破産※奨学金の返済義務はどうなる?支払い義務のあるものについて
自己破産後のクレジットカード※弁護士相談で安心
自己破産後のクレジットカード※弁護士相談で安心
自己破産は主婦でも出来る?※相談は弁護士へ
自己破産は主婦でも出来る?※相談は弁護士へ
自己破産※手続きの流れと期間について知りたい
自己破産※手続きの流れと期間について知りたい
自己破産の連帯保証人への影響※様々な影響について知っておこう
自己破産の連帯保証人への影響※様々な影響について知っておこう
自己破産後の住宅ローン、自動車ローン※生活への影響
自己破産後の住宅ローン、自動車ローン※生活への影響
自己破産の条件とは?《無職でも出来る?》※相談は法律のプロへ
自己破産の条件とは?《無職でも出来る?》※相談は法律のプロへ
自己破産、同時廃止事件と管財事件※債務整理について知っておくべきことについて
自己破産、同時廃止事件と管財事件※債務整理について知っておくべきことについて
自己破産を相談するポイント※プロへの相談は早期解決への道
自己破産を相談するポイント※プロへの相談は早期解決への道