自己破産の条件とは?《無職でも出来る?》※相談は法律のプロへ

自己破産の条件とは?《無職でも出来る?》※失敗しない弁護士選び

自己破産に条件はある?

自己破産には条件があります。

 

条件を満たしていない場合、失敗となってしまう場合があります。

 

まずは自己破産が本当に最適な方法なのか、簡単に診断できるツールがありますので、1度ご確認ください。
※匿名・無料で診断できます。
債務整理シュミレーター

 

自己破産には◯◯許可が必要?!

 

自己破産を成功させるには、裁判所から「免責」が認められる必要があります。

 

免責が認められることで、借金が全て帳消しになるというのが自己破産です。

 

免責許可が認められるための2つの条件

さて、免責が認められることで借金がなくなると書きました。が、そのためには2つの条件があります。

 

●自己破産が認められるための条件●

 

①支払い能力がないこと
②免責不許可事由に該当しないこと

 

この2つを満たす必要があります。

 

支払い能力がないとは…?

1つ目の条件として「支払い能力がないこと」があります。
これは、裁判所が判断することなので絶対的な条件があるというわけではないのですが、一般的には借金額が「収入から最低生活費を除いた残りの金額で、3年以内に返せる金額か」というのが基準になると言われています。

 

この時に、住宅や自動車などの財産は全て返済に充てられることになりますので、基本的に財産はなくなると考えましょう。

 

免責不許可事由に該当しないこと

2つ目の条件として、「免責不許可事由に該当しないこと」とありますが、これは簡単に言えば「借金の理由が浪費でないこと」です。

 

具体的にどんな理由だと浪費にあたるのか、ということですが、パチンコなどのギャンブルはこれにあたります。また、自己破産の申立てをした後に特定の債務者に対して返済をしたりした場合も免責不許可事由あたってしまいます。

 

 

職業や借金額は関係ある?

自己破産の条件には関係ありません。

 

自己破産の条件は、「支払い能力がないと認められること」「免責不許可事由に該当しないこと」の2つだけです。

 

つまり、借金の金額の大小や職業は関係ありません
無職でも主婦でも、支払い能力がないとみなされれば自己破産することが可能です。そのため、極端に言えば、借金額が100万円で自己破産が認めれる人もいれば、500万円でも認められない人もいるということになります。

 

自己破産できるかどうかはその人その人で異なるということです。

 

 

もしかして自己破産できない…?

 

自己破産の条件を見て、自分は自己破産できないかもしれない…と思ったかたもいるかもしれません。
ただ、上に書いた条件はあくまでも目安でギャンブルなどによる借金の場合でも免責が認められるケースもあります。

 

そのあたりは、正直、依頼する弁護士によっても変わってきます。

 

そのため、債務整理をする場合、弁護士選びがとても重要になってくるんです。

 

 

弁護士選びの3つのポイント

自己破産の条件とは?《無職でも出来る?》※相談は法律のプロへ

 

自己破産をするとなると、弁護士を選ぶ必要があります。
司法書士にも依頼できないこともないですが、司法書士はできることに限りがあるので弁護士に任せてしまったしまったほうが楽です。

 

そこで弁護士を選ぶ際に気をつけてほしいポイントをお伝えします。

 

債務整理の実績がある

ここまでで見てきてわかるように、債務整理は弁護士によっても判断の違いがあるものです。
同じ借金でも自己破産をすすめる弁護士もいれば個人再生をすすめる弁護士もいるということです。

 

そのため、まず気にして欲しいのが債務整理の実績があるのかということです。
実績が多い事務所はそれだけ様々なケースに対応しているため、より的確ですばやい対応をしてくれる可能性が高いです。

 

 

無料相談ができる

次に、無料相談ができるところが良いです。
弁護士事務所だと、分刻みでお金がかかってしまうところも多いのですが、まだ自己破産をするかも決めていないのに相談の段階でお金を取られて結局自己破産しなくてよかった、なんてことになったら損ですよね。

 

なので、まずは自分の現状とこれからどういうふうに借金問題を解決していくべきなのか、無料で相談ができる事務所を選ぶと間違いないです。

 

 

分割払いができる

弁護士に債務整理を依頼した場合、当然、その費用を支払わなくてはなりません。

 

自己破産をするというのに、一括での支払いは厳しいですよね。なので、できる限り、分割払いが可能もしくは初期費用0円の事務所を選びましょう。そうすることで安心して自己破産を進めていくことができます。

 

 

【無料相談可能】弁護士事務所

 

当サイトが見つけてきた無料相談ができる弁護士事務所を挙げておきます。

 

東京ロータス法律事務所

当サイトの人気No.1!
24時間365日体制で専門相談員が即日対応
2社以上の借金ならここ

 

 

 

弁護士法人サルート弁護士事務所

家族に内緒で相談可能
初期費用0円

 

弁護士に相談する前に

 

いきなり弁護士に相談するのは…
まずは自分に適した方法を知りたい…

 

という方は、まず借金問題解決シミュレーターを試してください。
無料・匿名で診断することができます。

 

また最適な債務整理の方法や過払い金の発生状況なども簡単に調べられます。弁護士にも調べてもらえますが、まずは自分だけで確認したいという方は試してみてください。

 

⇒借金問題解決シミュレーターの詳細はこちら

 

 

自己破産に条件はあるの?

自己破産を行う時に提出する申立書・陳述書はその後の判断を大きく左右します。陳述書では、借金の経緯から借金が返済出来なくなった経緯まで詳しく書きまとめないといけないのです。 自己破産は、主婦、無職の方、アルバイトの方などは行なう事が出来ないと思っている方が多いのですが収入が少ないものは自己破産を出来ない、などといった決まりはありませんし借金総額がそこまで多くない方であっても、収入が少ないとなれば返済にまわせる金額も、金銭的な余裕も少なくなるわけですから返済義務免除に必要な、免責許可が取りやすくなるのです。

自己破産出来る条件とは?

浪費で作ってしまった借金を返済出来ない場合も、特例により免責許可を認めてもらえるケースがほとんどです。2回目の自己破産の場合は別ですが、1度目ならば更正のチャンスを与えてくれるケースがほとんどですからギャンブルで浪費を重ねて作ってしまった借金も清算してもらえるのです。 自己破産が必要かどうかと言う事は、支払不能かどうかという事が重要になりますから自己破産が認められないのではないか?と不安に思う場合でも、悩んでいないで手続きを始めるべきであります。免責不許可事由に該当している場合は、念のため法律の専門家に自己破産の代行手続きを依頼するべきです。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産の条件とは?《無職でも出来る?》※相談は法律のプロへ関連ページ

自己破産※対象となる人や状況とは?選ぶ弁護士事務所は?
自己破産※対象となる人や状況とは?選ぶ弁護士事務所は?
自己破産とは?※債務整理のためのノウハウ
自己破産とは?※債務整理のためのノウハウ
自己破産ができない場合とその対処法は?※法律事務所で安心解決
自己破産ができない場合とその対処法は?※法律事務所で安心解決
自己破産後の生活について※新しい人生のために
自己破産後の生活について※新しい人生のために
自己破産、2回目をする前に必読※もう二度と失敗しないために
自己破産、2回目をする前に必読※もう二度と失敗しないために
内緒で自己破産って出来るの?※今直ぐ無料相談
内緒で自己破産って出来るの?※今直ぐ無料相談
自己破産※奨学金の返済義務はどうなる?支払い義務のあるものについて
自己破産※奨学金の返済義務はどうなる?支払い義務のあるものについて
自己破産後のクレジットカード※弁護士相談で安心
自己破産後のクレジットカード※弁護士相談で安心
自己破産は主婦でも出来る?※相談は弁護士へ
自己破産は主婦でも出来る?※相談は弁護士へ
自己破産※手続きの流れと期間について知りたい
自己破産※手続きの流れと期間について知りたい
自己破産の連帯保証人への影響※様々な影響について知っておこう
自己破産の連帯保証人への影響※様々な影響について知っておこう
自己破産後の住宅ローン、自動車ローン※生活への影響
自己破産後の住宅ローン、自動車ローン※生活への影響
自己破産の条件とは?《無職でも出来る?》※相談は法律のプロへ
自己破産の条件とは?《無職でも出来る?》※相談は法律のプロへ
自己破産、同時廃止事件と管財事件※債務整理について知っておくべきことについて
自己破産、同時廃止事件と管財事件※債務整理について知っておくべきことについて
自己破産を相談するポイント※プロへの相談は早期解決への道
自己破産を相談するポイント※プロへの相談は早期解決への道