過払い金請求※メリット・デメリットについて詳しく知りたい

過払い金請求について

過払い金請求は、払いすぎたお金を金銭消費貸借契約を結んでいる
または結んでいた業者から取り戻す為の手続きであります。

 

この手続きは、裁判所を介さずに行なう事も出来ますし
裁判所を介さないとどうにもならない場合もあります。

 

個人が手続きを行なう場合は、裁判所への提起が必要になるものと考えられます。

 

その理由として、個人が過払い請求を業者に申し立てた所で
相手にされないケースが多く、本来返還してもらえるであろう金額の
半分程度で話をまとめてこようとするケースが多いのです。

 

半分ならまだ良いものの、3分の1以下で交渉を進めてくる業者も少なくないのです。

 

そんな不利な条件を承諾してしまった場合、後から考えてみて
やっぱり不平等だ・・・!と再度、過払い請求を申し立ててもその申立てが認められる事はまずありません。

 

過払い金が発生している場合、発生している金額の全てを返還させる権利を持っているのですから
全額返還してもらうべきであります。

 

過払い金は、金銭消費貸借契約を結んでいる状態でも行なう事が出来ますし
取引を終了した後でも、時効が成立する前であれば返還請求が可能です。

 

時効は10年あり、時効成立前であれば発生している金額全ての返還請求を行う事が出来ます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

過払い金請求※メリット・デメリットについて詳しく知りたい記事一覧

過払い金請求をスピーディーに行なう為に有効なのは、弁護士や司法書士を通して手続きを行なう事です。過払い金請求を行うにあたり、まず最初に行なう事と言えば取引契約を結んでいる、または結んでいた事のある金融機関から過払い金の有無を確認するために、取引履歴の開示請求をし取り寄せた資料を参考に、利息の引きなおし計算を行い取引中の利率が適正だったかどうかを調べなくてはならないのです。過払い金は、取引契約の中で...

過払い金という言葉を聞いた事のある方が、大半なのではないでしょうか?よく法律事務所のテレビコマーシャルなどで、過払い金の事を言っていますよね。過払い金は文字通り、債権者に過分に払い過ぎてしまったお金の事を言います。現在、消費者金融がお金を貸す時には「利息制限法」という法律が適応され、利息の上限は10万円以内なら20%、10万円から100万円未満なら18%、100万円以上は15%と決められています。...

過払い金とは、利息制限法以上出資法未満の超過利率で借入契約を結んでいた場合にのみ発生するもので債務者は、利息制限法の上限利率を越える支払分の支払義務はないため利息制限法以上出資法未満で支払っていた分のお金については、過去の支払分も含めて過払い金請求をする事により、取戻す事が出来ます。しかし取戻せないケースもいくつかあり悪質な消費者金融だったために過払い金の返還請求に追われて廃業となった消費者金融も...