個人再生のメリット・デメリット※失敗しない弁護士選び

個人再生とは?

個人再生とは債務整理の手続きの一つで、裁判所に再生計画を提出して認可されると、
債務が減額され、その減額された債務を3~5年で分割返済して借金問題の解決をはかります。
分割返済が終われば借金はすべて0となり、もとの借金のない生活に戻ることができます。
任意で債権者と交渉する任意整理と違い、裁判所に申し立てをするので認められれば強制力があり、債権者は従わなければなりません。
500万円以上1500万円未満の債務総額の場合は最低弁済額が債務総額の5分の1までに減額されるので今までよりかなり返済が楽になります。
ギャンブルや浪費が原因の場合でも個人再生を用いて債務整理を行えます。
個人再生を行うと保証人に請求がいきますので、裁判所に申し立てする前によく話し合って理解を得ることが大切になります。
信用情報に登録される、いわゆるブラックリストに載ってしまうので、約7年~10年ほど新規のローンを組めなくなります。
官報に住所や氏名が記載されますが、一般の方はほとんど見たいためにこの点においては大丈夫でしょう。
自己破産では借金がすべて免除されますが、マイホームは失ってしまいます。
個人再生ではマイホームを失わずに住みながら借金の返済を目指せます。
安易に自己破産する前に任意整理、または個人再生で債務整理できるか専門家にご相談ください。

個人再生のデメリット

個人再生はさほどデメリットはありません。ですが、個人再生は、利用の要件が任意整理や自己破産と比べてみて、厳しいといったことではないかと思います。そして誰でも利用できるといった手続きではないのです。そして、個人再生は荷に整理や自己破産と比べてみて要件が厳しく、一番の問題はやはり収入の安定性があります。そして個人再生を利用していくには債務の総額で5000万円以下であるといったことや収入が安定しているといったことが必要となります。そして小規模の個人再生の時は債権者の消極的な同意が必要になります。そして、故人再生は3年間以上返済をしていく手続きであり、3年間確実に返済可能な程度の収入の安定性がなければならないです。そして無職の時や収入が安定していないようなことがあれば、利用できないといったことになります。そして、安定した収入があっても個人再生の再生計画で返済をしていく金額を返済できるだけの収入で兼ねれば許可されないです。ぎりぎり返済できるかと言ったぐらいの収入は再生計画が認可されないといったことがあるのです。そして、住宅資金特別条項を利用して行くときは、住宅ローンの返済も必要になります。そして、住宅ローンを支払いつつそのほかの借金もそれなりに余裕を持ち安定して返済していけるような状況にしていくといったことが大事です。そして住宅資金特別条項を利用して苦には、対象になってくる不動産が自宅であるといったことや、住宅ローン以外の債権の抵当権が自宅に設定されていないといったことなどの要件も満たしていかなければならないです。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生のメリット・デメリット※失敗しない弁護士選び記事一覧

個人再生は、民事再生法に基ずくもので裁判所に申し立てを行い、原則として債務総額の20%(最低100万円)を3年から5年で完済していくというものです。個人再生の手続きの流れについて、概略を述べていきます。1.先ず、専門家に電話やメールで問合せする・秘密は厳守されるので、心配は無用です。借金の総額や返済期間など取引の状態を包み隠さず伝える。2.面談・債務に関わる関係書類を持参のうえ、改めて実状について...

借金をたくさんしてしまうと大変です。返済というものができなくなってしまう事もあるわけです。返済が滞ってしまうと、遅延損害金といった高めの利息を支払わなければいけなくなることもあるなど、対処しなければいけません。返済ができないと思ったら早めに、対応をするべきです。借金解決方法としての債務整理そこで一つおすすめになるものがあります。債務整理というものです。借金を減らすことができるものになります。その中...

個人再生の決定が下りた後には、何らかにより返済が困難になってくるような可能性が少なからずありますが、こうしたときも救済手段があります。個人再生の返済中に給料の減額などの理由によって収入が減ってきて、計画通りの返済が不可能になっているときは再生計画の変更をしていくといったことが可能です。そしてこうした状況になった時はまず弁護士か司法書士に相談しましょう。そして再生計画を最長2年間延長すると言ったこと...

個人再生案が認められた後は、返済案に従って借金を返済していきます。返済はあるものの減額はされており、また住居も残っているはずなので、収入がきちんと得られている状態であれば、精神的に財政的にも生活は楽になるはずです。借金は原則的3年間で完済することになりますが、例えばやむをえない事情で仕事を休まなければいけなくなるなどといったことが起きた場合には5年まで延長が可能です。個人再生後の生活でもっとも気を...

再生計画案とは?個人再生の再生計画案とは、個人再生手続において定められる債務の弁済の計画のことをいいます。債務者が再生計画案を作成する個人再生における再生計画案については、裁判所が作成するのではなく、あくまで再生債務者が再生計画案を作成しなければなりません。再生計画案の提出再生計画案の提出期間は、各裁判所の運用によって異なってきますが、東京地方裁判所の場合を例にとると、個人再生の申立てから18週後...

債務整理には色々な種類がありますが、その中でも個人再生は住宅ローン以外の借金を整理できるのでマイホームを持っている方に、メリットの多い債務整理と言われています。借金の問題を解決するには自己破産というイメージがありますが、自己破産の場合借金を全て無くなる変わりに、家などの財産は手放さなければいけません。借金は多少残っても財産はそのままにしておきたいという場合、自己破産ではなく個人再生が向いていると言...

借金を整理したいけれど、破産はしたくないと考える方が多いようです。はやり「自己破産」ともなるとネガティブなイメージが強いですし、家などの財産も手放さなければいけません。それに自分ではどうしても返済できない額の借金なら、自己破産をするしか道はありませんが、少しでも借金の額が少なければ返済できるという場合、個人再生をお勧めします。個人再生は大幅に借金を減額し、原則として3年で完済する債務整理となってい...

借金の問題を解決できる債務整理には、色々な種類がありますがその中でも、マイホームを持っている方にメリットが多いと言われているのが個人再生という債務整理の方法です。個人再生は住宅ローンを維持しつつ、借金を整理できるので自己破産をして家を手放したくない、という方にお勧めです。また自己破産のように借金をゼロにする事はできませんが、大幅に借金を減額できるので、月々の返済がだいぶ楽になりますよ。自己破産のよ...

借金の返済が困難になったときに、自己破産を選ばれると住み慣れた我が家は失ってしまいます。しかし個人再生を選ばれると住み慣れた我が家を失うことなく債務整理を行えます。個人再生は裁判所を通じて原則債務を5分の1にしてもらい、その債務を3年から5年で分割払いができる債務整理です。自己破産のようにすべての借金は無くなりませんが、大幅に借金が減額されますので、今までよりぐっと返済が楽になります。その代りに個...

個人再生後、カードは使用できなくなり、5年程度は新規のクレジットカードが作れなくなります。本当に個人再生が適していますか?借金を解決する方法は個人再生だけではありません。個人再生で借金はいくら減る?最適な債務整理は?まずは借入件数・総額を入力してシミュレーションしてみましょう。※無料・匿名・ネット完結で診断できます。シミュレーションでは過払い金の診断もできます。過払い金があるならしっかり請求して少...

個人再生にかかる費用は裁判所に納めるお金と専門家に依頼をする場合の費用です。専門家に依頼することで裁判所に納める金額を減らすことが出来る場合もあり、少し複雑になっています。まず、裁判所へ必ず支払わなければならないのは収入印紙代1万円と官報掲載費用である予納金約1万2,000円です。ここに債権者の数に応じて切手代が500円から2,000円ほどかかります。個人再生手続きには個人再生委員が選任されること...

私が個人再生の相談を弁護士事務所に相談したいと考えたのは、雑誌の広告記事を見たことがきっかけでした。私には友人の連帯保証人になった債務が400万円程あり、その債務を全額負担しなければならない立場になりました。それは手取り月収が25万円程度の会社員である私には重い負担でした。月々の支払をすると手元には10万円程度しか残らずに、6万円の家賃を引くとすべての生活費が4万円で過ごさなければいけませんでした...

個人再生には、「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の2つがあります。どちらも債務の額を減らし、作成した再生計画案に沿って残額の弁済を行わせるという点では同じ手続きです。→個人再生について詳しくみる給与所得者等再生の特徴再生計画案に債権者の同意が必要ないという点にあります。債権者との関係が悪化しているなどの場合には有効な手段ではありますが、小規模個人再生に比べて条件が厳しく、その他の点では小規模...

公務員が個人再生をした場合に生じるメリットは、特に公務員であることが有利に働くということはありません。一般の職業の方と同じで、自宅を手放さずに債務整理ができることがメリットです。借金の額によって違いはありますが、3分の1から5分の1くらいには減額が可能なのです。ただ公務員の場合は退職金があり、大きな金額の退職金が見込まれる場合にはその金額が加味されて減額の幅が決定されます。しかし、毎月の支払額が減...