個人再生費用の相場ポイント※無料相談でわかること

個人再生費用の相場ポイント|債務整理弁護士の選び方

個人再生にかかる費用は裁判所に納めるお金と専門家に依頼をする場合の費用です。専門家に依頼することで裁判所に納める金額を減らすことが出来る場合もあり、少し複雑になっています。
まず、裁判所へ必ず支払わなければならないのは収入印紙代1万円と官報掲載費用である予納金約1万2,000円です。ここに債権者の数に応じて切手代が500円から2,000円ほどかかります。
個人再生手続きには個人再生委員が選任されることがあります。もし選任される場合、報酬として20万円~30万円を支払う必要があります。この金額は弁護士や司法書士などの専門家に依頼すると半額程度に減額されることもあります。
個人再生委員が選任されるかどうかは各地方裁判所によって扱いが異なります。東京地裁では原則として個人再生委員が選任されますが、多くの地方裁判所では専任されないほうが原則になっているようです。ただし、弁護士に依頼をしておらず、自力で申し立てを行った場合必ず個人再生委員が選任されます。
弁護士に手続きを依頼するのであれば費用は30万円から50万円ほどかかることになります。個人再生委員が選任されなければ、その報酬分が浮くため費用負担はかなり軽くなるのですが、もし選任されると追加で20万円~30万円の費用が発生するので個人再生に必要な費用はかなり高くなってしまいます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生費用の相場ポイント※無料相談でわかること関連ページ

個人再生、手続きの流れと期間※その他債務整理に関わること
個人再生、手続きの流れと期間※その他債務整理に関わること
個人再生法とは?※債務整理の詳しいこと
個人再生法とは?※債務整理の詳しいこと
ハードシップ免責とは?※個人再生する前に知っておこう
ハードシップ免責とは?※個人再生する前に知っておこう
個人再生後の生活について※相談しよう法律弁護士
個人再生後の生活について※相談しよう法律弁護士
個人再生と再生計画案とは?※法律相談のススメ
個人再生と再生計画案とは?※法律相談のススメ
個人再生したら返済額はどう変わる?※無理のない返済のために
個人再生したら返済額はどう変わる?※無理のない返済のために
個人再生したら官報に載る?※債務整理としくみ
個人再生したら官報に載る?※債務整理としくみ
個人再生後の住宅ローン、自動車ローン※知っておいたらいい事
個人再生後の住宅ローン、自動車ローン※知っておいたらいい事
個人再生なら我が家を残せる!※解決方法
個人再生なら我が家を残せる!※解決方法
個人再生後のクレジットカード※ためになる解決方法
個人再生をすると、クレジットカードは使えるのか、使えないのか…使えないとすれば期間はどのくらいなのか、など個人再生を検討している方に向けて債務整理とクレジットカードの関係をまとめていきます!
個人再生費用の相場ポイント※無料相談でわかること
個人再生費用の相場ポイント※無料相談でわかること
個人再生を相談するポイント※プロへの相談ススメ
個人再生を相談するポイント※プロへの相談ススメ
小規模個人再生とは?※弁護士選びはポイント?
小規模個人再生とは?※弁護士選びはポイント?
個人再生を公務員したらどうなるの?債務整理の様々な方法
個人再生を公務員したらどうなるの?債務整理の様々な方法