債務整理の手続きの流れ/期間※債務整理の知っておくべきこと

債務整理の手続きの流れ/期間

自己破産の手続き|債務整理

借金に悩んでおられる方にとって自己破産というものは良い選択肢の中の一つと言えますが、そもそも自己破産の手続きをするには何をしたらいいのか皆目検討もつかないと思っている方は意外といるんじゃないかと思います。

 

自己破産の流れ|債務整理

自己破産の手続きをする時には様々なステップを踏むことになるんですが、基本的な流れを掴んでしまえば結構シンプルに事が運んでいくことが多いんです。

 

自己破産を宣告=破産宣告
まず自己破産をしますという申し立てをすることから始まるんですが、これは地方裁判所に申し立ての旨を記した書類を出すことによって申し立てが成立します。

 

自己破産の必要書類|債務整理

この時に提出をする書類は破産手続開始の申立てというものに加えて、免責許可の申し立てという書類の2種類が必要となってきます。

 

免責許可とは?

この免責許可というものは借金返済の義務を免れるために必要となるものです。書類を提出した後は地方裁判所において破産をすることが妥当かどうかについて裁判官の方から質問をされます。

 

破産管財人とは?

そして妥当だと判断されて破産の開始が決まると破産管財人という自己破産の際に財産の管理や処分をしたりする人を選んだりします。この破産管財人は基本的に弁護士がその役割を担うことになります。

 

そして負っていた借金はチャラとなって自己破産の手続きが全て終わるというわけです。

自己破産の流れとその期間について

債務整理の中でも自己破産は、多くの方がご存じだと思います。
しかし、自己破産という言葉は知っていても、どのような流れで行われるのか、またどのくらいの期間が必要なのかを、知っている方は少ないのではないでしょうか?

 

まず、自己破産をする時は弁護士に依頼するのが一般的です。
自己破産は弁護士に依頼しなくてもできますが、必要な書類も多いですし裁判所にも通わないといけないので、スムーズに申請するなら法律のプロである、
弁護士に依頼するのが効率的と言えます。

 

自己破産をいよいよ行うとなったら、まず債権者に受任通知を送付します。
受任通知はこれから債務整理を行うという事を、債権者に伝える目的と、自己破産をするのに必要な書類を作成する為、いくら借金が残っているか?など
債権者に申告してもらうのが目的です。
受任通知を行った時点で、借金の督促も止まります。

 

債権者から書類などが届いたら、自己破産に必要な書類を集め、裁判所へ申し立てを行います。
次に裁判官との話し合いを行う、破産審尋があり、この時借金の返済が出来ないと裁判所が認めたら破産手続開始の決定です。

 

しかし、決定したからといって、この時点で借金がゼロになるという訳ではありません。
免責申立てを行い、免責審尋 を経て免責が認められれば無事に自己破産をする事ができるのです。

 

受任通知から自己破産に至るまでの期間は、平均して半年から1年程度はかかると言われています。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理の手続きの流れ/期間※債務整理の知っておくべきこと関連ページ