任意整理の流れとその期間について※無料相談で

任意整理の流れとその期間について※失敗しない債務整理のために

任意整理は、弁護士または司法書士が債務者本人に代わり、クレジット会社や消費者金融などと直接対面し、利息の削減から借金の軽減、返済方法の変更などを交渉します。
弁護士や司法書士が代理人になると、債権先の金融機関からの取立てを停止でき、尚且つ債権者を一歩リードして有利な和解内容に持ち込むことができます。
任意整理の場合は、特定の債権者だけを選択して借金整理できるので、住宅ローンや車のローンなどを除外した債務だけの整理も行えます。
基本的に任意整理は、裁判所を巻き込まないので、自己破産や個人再生みたいに複雑な手続き条件がなく、債務者本人が提出する書類の数も僅かです。
ブラックリストに個人情報が掲載される事が唯一の欠点ですが、債務整理が初心者の人でも一番気楽に取り掛かりやすいのが特性です。
任意整理手続きの手順についてですが、受任から和解までに至る平均期間は約3~6ヶ月です。
大まかな手順は、下記の通りになります。

1、まず任意整理の委任契約後に、早急に借入先の貸金業者に向けて受任通知書が発送されます。
  この通知を受理した時点で、今後一切の債権者からの取立て・請求は禁じられます。

2、次に弁護士は取引履歴の開示を債権者に請求し、受任通知書を発送して平均7日~遅くても2ヶ月くらいで、取引履歴が手元に届くことになります。

3、取引履歴が届いたら、借入当時の金利を利息制限法内の利息に全て引き直し、最終的に支払い義務が生じる借金額を算出します。

4、引直し計算の末に過払い利息が発生した分で、借金残額を相殺する事ができない場合は、月々幾らで何回分割返済していくかを債務者と相談して希望案を出し、弁済計画書に纏めて各債権者ごとに作成します。
5、 いよいよ対面交渉による和解会議に入り、弁護士が債務者と練り上げた弁済計画を提示し、各債権者と話し合いを進めて了解を貰います。

6、 交渉が無事可決したら、正式な和解文書を作成し、それに沿って債務者の弁済が開始されます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理の流れとその期間について※無料相談で関連ページ

任意整理の必要書類※書き方について
任意整理の必要書類※書き方について
任意整理後のクレジットカードについて※今後の生活のために
任意整理後のクレジットカードについて※今後の生活のために
任意整理費用の相場ポイント※債務整理する時弁護士の選び方は?
任意整理費用の相場ポイント※債務整理する時弁護士の選び方は?
任意整理後の住宅ローンについて※詳しく知りたい債務整理のこと
任意整理後の住宅ローンについて※詳しく知りたい債務整理のこと
任意整理の流れとその期間について※無料相談で
任意整理の流れとその期間について※無料相談で
任意整理とは?※理解する債務整理
任意整理とは?※理解する債務整理
任意整理後の生活について※不安解決弁護士無料相談
任意整理後の生活について※不安解決弁護士無料相談
任意整理の返済期間について※問題早期解決する方法
任意整理の返済期間について※問題早期解決する方法
任意整理を相談するポイント※問題早期解決したい
任意整理を相談するポイント※問題早期解決したい
任意整理したら官報に載る?※任意整理の詳しいこと
任意整理したら官報に載る?※任意整理の詳しいこと