債務整理後|クレジットカードは作れる?※債務整理する上での事

過払い請求をするとクレジットカードが作れなくなる?

利息というものですが、制限が決められています。
利息制限法というものがあります。
10万円未満の借金の場合は、年利で20パーセントが上限です。
10万円以上、100万円未満の倍は年利で18パーセントが上限です。
さらに、100万円以上の借金の場合は年利で15パーセントが上限です。

 

以上の上限を超えてしまっているものについては、
払い過ぎてしまった利息となります。
ですので、そちらを取り戻すことができます。
それがあの有名な過払い金の返還請求となります。

 

ただ、過払い金の返還請求というものですが、少し問題になるものがあります。
それはクレジットカードの作成というものになります。
クレジットカードについては、
作成できなくなるのではないかという事を思っている方もいます。
そちらについては少し考えておかなければいけないと思ってください。
あながち間違いではありません。

 

過払い金の請求では、一部のケースで信用情報に記載されてしまうことがあります。
信用情報に記載されると、クレジットカードが作成できなくなることもあります。
そうなると、新規のクレジットカードの取得が難しくなるので注意が必要です。
もしも作りたいカードがありましたら、
過払い金の返還請求をする前に作ってしまうのが得策です。

 

自己破産とクレジットカード

自分が背負っていた借金の返済義務がなくなる、多くの人が自己破産のことをこうした制度として認識しています。
自己破産は返済義務が無くなるというよりは、借金をしている当人に財産がないということを証明するという意味合いの方が強いのです。
財産がないから返済することが出来ない、そのことを法的機関によって証明してもらう、これが自己破産という制度なのです。

 

ですから、自己破産をする上では自分が所有している財産を放棄する必要があります。
便利なシステムのように見える自己破産にもデメリットはもちろんありますし、
財産を手放す以外にも様々な制約が設けられるのです。

 

例えば、自己破産の申請・手続きをしている最中は警備員や税理士、旅行などの業務に関わる仕事に就くことが出来ないため、
こうした職業に従事していた場合にはこの仕事を辞めざるを得ないのです。

 

他にも、引越や長期の旅行に関しても特別な許可を必要としますから、今までのように簡単に行うことはできなくなります。
クレジットカードも最低5年間は作成することが出来ず、カード会社によっては
自己破産歴があるからという理由でカード申し込みを受け付けてくれない場合もあります。
自己破産をすると借金については整理できるものの、
一時的な制約・長期に渡っての制約が課されるということはしっかり覚えておかなければいけないのです。

 

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理後|クレジットカードは作れる?※債務整理する上での事関連ページ