債務整理とは?基礎知識編※失敗しない債務整理のコツとは?

債務整理とは?

多くの借金を抱えてしまいお困りの方、債務整理という方法で借金を整理する方法があるのをご存知でしょうか。
債務整理といえば、テレビやドラマなどでおなじみの自己破産の印象が強いと思いますが、債務整理の方法は一つではありません。
「任意整理」、「特定調停」、「個人再生」、「自己破産」と4つの種類があるのです。

 

任意整理

任意整理の大きな特徴は「債権者との直接交渉」という点でしょう。
公的機関を通さず、銀行や消費者金融との直接交渉となります。注意しなければならないのは、債権者と合意に至らないケースも多く、合意内容が債務者にとって有利なものになりがちとなってしまう事があります。任意整理をする場合には弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼し交渉に臨むのが良いでしょう。

 

特定調停

簡易裁判所を通して任意整理を行う方法です。
裁判所を利用する事によって、弁護士などの専門家に依頼する必要はなく費用はかかりません。利息制限法に定められている範囲で債務を見直し、3年から5年程の期間に返済を行います。

 

個人再生

最低100万円以上で借金の5分の1に債務総額を減額できるものです。住宅ローンのある場合は住宅ローン分の債務は減額されませんが、マイホームを手放さずに債務整理が可能です。
ただし、継続した収入の見込みがない場合とローン以外の負債総額が5000万円以上の場合には個人再生することはできません。

 

自己破産

全ての資産を手放す事を条件に生活に必要不可欠なもの以外の資産を全て金銭に変え、債務者に分ける事で債務を整理する方法です。資格制限を伴うので、弁護士や司法書士、会社役員の資格や職業には一定期間就業不可となります。
債務額が収入に対して余りにも高額すぎて返済することができない場合や、無収入で返済不可能な場合の国が定める救済方法が自己破産です。

 

 

債務整理の方法は4つありますが、やはり実際には分かりにくいことが多いと思います。無料で相談の出来る法律事務所などもありますのでどの方法で債務整理をするのがいいのか相談してみるのも良いでしょう。

債務整理とは法的な借金整理の方法です。これには4つの方法がありまして、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産です。
任意整理とは裁判所の外で債務者と債権者が和解をする方法で、一般的に最も債務整理の中で使われています。と言いますのも、任意整理は裁判所を開始内で話し合いをしますから、細かい条件など当事者同士で自由に決めることができるのです。
特定調停も債務者と債権者との話し合いですが、これは裁判所が間に入るのが任意整理との違いです。特定調停は費用が安く上がりますから、任意整理ではまとまらなかった話し合いについて特定調停で解決するという流れになります。
個人再生はマイホームを手放したくない人にとって使い勝手の良い方法です。任意整理をするには債務の額が多いが、自己破産のようにマイホームは手放したくないという場合に使われます。また、債務の額もマイホームのローンを除いて最大10分の1までに圧縮することができます。
自己破産をすればマイホームはもちろん、主な財産は強制的に換価されて債務の返済に充てられます。しかし債務は完全に免責されることに加えて、生活に必要な必需品は手元に残りますから、無一文になることはありません。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理とは?基礎知識編※失敗しない債務整理のコツとは?関連ページ