裁判所から差し押さえ通知がきたら、まずするべき事はコレ!!

裁判所から差し押さえ通知がきたら、まずするべき事はコレ!!

 

 

「特別送達が来ていたのに、放っておいてしまった・・・」


その場合に送られてくるのが差し押さえ通知です。
差し押さえ通知がきたら、まずは債務整理を検討することが大切です!

 

※差し押さえの解決方法とともに、以下になぜ債務整理なのかを説明します。

 

差し押さえ通知が来たときの解決方法とは?

 

仮に給与の差し押さえが決定してしまった場合、解決方法としては3つしかありません。

【差し押さえを止める3つの解決方法】

 

1.借金を一括完済する
2.仕事を辞める
3.債務整理をする

 

 

借金を一度に完済できれば、一番楽なのですが、返済が滞っている状態で借金を一括完済するのは難しいでしょう。また、仕事を一時の借金のせいで辞めてしまうことも避けたい方が多いはずです。すなわち、一番有効な解決方法として考えられるのは債務整理をする、債務整理を検討することが大切なのです。

※給与の差し押さえは、税金の滞納によっても起こります。税金滞納の場合は債務整理できないので、弁護士が介入する余地はありません

 

差し押さえを止めるには債務整理が重要!

 

差し押さえが決定してしまった場合、認めることのできる債務整理は個人再生と自己破産です。

  • 個人再生・・・借金を大幅に減額することができます。
  • 自己破産・・・借金をゼロにすることができます。

※どちらも借金減額が可能ですが、同時にデメリットもあります。

 

差し押さえの解決策【個人再生と自己破産】

差し押さえの解決方法としての債務整理。
個人再生にも自己破産にも同様にメリットやデメリットはあります。
自分の借金状況には個人再生と自己破産はどちらがふさわしいのかを判断するにはどうすればいいのでしょうか?

 

まずは借金解決シュミレーターで自己診断!

 

債務整理について自分だけで判断することは困難です。
法律事務所に相談に行くのが早いかもしれませんが、突然法律事務所に相談するのは勇気がいる、という方は借金解決シュミレーターで自己診断から始めてみて下さい!
このシュミレーターなら匿名・無料で利用できるので、大体の目安を知りたいという方にも安心して利用して頂けます!

 

気になったら気軽にこちらをクリック!

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

差し押さえの解決方法として債務整理を選ぶなら

 

個人再生・自己破産手続きを考えるのであれば、専門家に相談することをおすすめします。
最近では無料相談を行っている法律事務所も多数ありますので、安心して利用できるのではないかと思います。

差し押さえって具体的にどんなこと?

借金を滞納してしまい支払いに応じることが出来ない状態が続くと、お金を貸した側は裁判所に申し立てを行い、借金を強制的に回収する手段に出ます。その手段としては、あなたの銀行口座の差し押さえ、給与の差し押さえなどがあり、この申し立てが行われるとあなたのもとに必ず支払督促の通知が裁判所から送られてきます。これを無視、もしくは見落としてしまうと裁判所から差し押さえの許可が出てしまい、差し押さえ通知が来てから差し押さえが実行されます。
銀行口座が差し押さえられてしまうと、借金分の金額が口座から自動で引き出されます。
もし借金の額が口座残高を上回っている場合、利子分までが差し押さえられるのですが、こうなるとその銀行口座は銀行によって解約されてしまいます。
また給与の差し押さえも厄介です。
債権者は会社に連絡して給与分を自分の口座に振り込むように手続きを行います。
全額が差し押さえられるわけではありませんが、借金分が完済されるまでずっと給料を天引きされるうえに、会社に借金の存在を知られてしまいます。
差し押さえは債権者側にとっては最終手段であり、費用面で考えてもできるだけ避けたい選択肢です。
もし差し押さえの通知が届いた場合でも、きちんと借金を払う意志を示して交渉すれば差し押さえを避ける事は可能です。
しかし、差し押さえを止めるためには迅速に事を運ぶ必要がありますから、できれば弁護士などの専門家に相談したほうが良いでしょう。

 

あなたに最適なのは個人再生?自己破産?

自分の借金の状況がどちらの債務整理の方法に合っているのかわからない…
そんな時は、無料の借金解決シュミレーターを試してみてください!

 

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

※無料・匿名で気軽にあなたに最適な債務整理の方法が診断できます!

 

債務整理について全くわからないという方にも債務整理を考える目安になるかと思います。ぜひ診断してみてください!

裁判所から差し押さえ通知がきたら、まずするべき事はコレ!!記事一覧

差し押さえされるのはなぜ?借金の返済が滞っている時に、債権者が滞っている返済金を回収するため、給料を差し押さえることがあります。給与/給料差し押さえについて給料は毎月会社から支払われるものなので、もっとも簡単かつ確実にお金を回収できる方法です。そのため、一番良く行なわれている方法といえるでしょう。給与/給料差し押さえには決まりがある給料の差し押さえといっても全額差し押さえられるわけではなく、生活す...

強制退去になってしまう時の多くは、自身が賃貸物件に住んでいる時に起こることが多くなっています。自分が持っている住居に住んでいる場合は、所有者は自分ですので強制退去になることはありません。強制退去の勧告を受けてしまった時は、まずはその原因を知る必要があります。家賃を払うことが出来なくなってしまって強制退去の勧告が着た場合は、対応の方法は非常に分かりやすいです。滞納していた家賃を払うことで、強制退去を...

借金の申込みを金融業者から断られてしまい借金返済のアテがなくなってしまうという事はありえます。そういった状況に陥る状況としては、他社への借入が多かったり、すでに年収に対しての借金比率が大きかったり、過去の返済履歴が悪い状態であったりという場合です、収入がある成人以上の方だと、銀行や消費者金融で拒否されるという事は少ないですし、無茶な借入額でなければ審査に通るものです。しかし、何らかの形で借入拒否さ...

支払督促って?債権者側が頻繁に利用している物の1つが支払督促です。これは裁判所に支払いが滞納していることを伝え、債務者側に支払いを要求するものです支払督促を無視し続けると…支払督促を無視して滞納を続けた場合、強制的に支払いの執行が行われます。あらゆる財産が売却されてしまう恐れがあるため、支払督促が来てしまったら相談をした方が良いと思います支払督促が届いたらまずするべきことまずは弁護士に相談すること...

差し押さえされるのはなぜ?一般的に銀行口座や預金が差し押さえを受ける場合として、国民健康保険や年金などの税金滞納や、約定日を大幅に過ぎても借金返済を放置している時などです。支払督促・差押予告通知書に注意通常、口座の差し押さえの強制執行に入る前に、債権者は裁判所を通して債務者に支払督促または差し押さえ予告通知書を事前に送付するケースが殆どです。すぐに異議申し立てもし支払督促が届いた時点で、14日以内...

差し押さえの流れ差し押さえという言葉は知ってるけれど、実際どのような事が行われるのか分からないという方も、多いのではないでしょうか?差し押さえとは?差し押さえとは国や地方自治体が、財産または権利を確保する事を言います。差し押さえされる理由差し押さえが起こるケースは、借金や家賃、税金を滞納した場合です。支払わなければいけないのに、返済が滞ってしまうと、まず督促状が届きます。督促状を無視すると…その督...