特定調停のメリット・デメリット※失敗しない弁護士選び

特定調停とは

自己破産は破産法により地方裁判所で行っていく手続きですが、特定調停は今支払いをしていてもこのままであればいずれ支払えなくなってくるような方が行っていく方法であり、自己破産はすでに今支払いができていないような状況の方がしていきます。そして特定調停は手続きをしていても、残りの圧縮をした債務を継続して3年~5年かけ支払っていく必要性がありますが、自己破産は支払い義務がすべて免除されるのです。そして全ての財さんは奪われてしまいますが、同時に借金もチャラになってすべてなくなるといったこととなります。そうなれば特定調停は今後も支払いがのこってきますから、当然それなりの支払い能力がなければ利用できないのです。お仕事がなくて、今後も収入が見込めないような状況があれば、自己破産を選ぶといったことしかないでしょう。ですが、自己破産は免責不許可事由があって、これはギャンブルや浪費などの理由で借金が増えたといったことなら自己破産してもその分借金が残ると言ったことなのです。ギャンブルや浪費が理由の債務は自己破産を選ぶと言ったことができず、特定調停を選ぶといったことになるでしょう。そして特定調停で得あれば、借金の理由が何であっても利用することが可能なのです。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

特定調停のメリット・デメリット※失敗しない弁護士選び記事一覧

現在、日本において消費者金融やクレジットカード会社からのキャッシング、そして銀行系カードローン会社からのカードローンなどで借金をしてその借金が返せない状態となり、債務整理を行う人が急増しています。これらの消費者金融やクレジットカード会社、そして銀行系カードローン会社から借金をしている債務者が行う債務整理の方法としては「任意整理」、「特定調停」、「個人再生」、そして「自己破産」の4種類の債務整理の方...